移住してみる

しかし、もっと本格的に、沖縄への移住を考えている場合は、アルバイトではなく求人情報に精通しなければなりません。
昨今の世界不況の中、職を探すのはかつてなく困難になっていますが、沖縄に関していえば、状況はどのようなものでしょうか。

沖縄の産業といえば、やはり観光、リゾート業です。
これらの業種では、アルバイトを多用する所も多いのですが、正社員を求めている所もたくさんあります。
ただし、月給に関しては多くを望むことはできません。
中には10万円にも満たない所もあります。
しかし、サーフィンが好きな方や、家族を養う責任のない方なら、好きなことをする以外にはお金を使う必要がないので、何とかやりくりしていけるかもしれません。

もちろん、沖縄での需要は観光業だけではなく、事務職の募集もあります。
CADを使える人の求人、パソコンに詳しい人の募集などもたくさんあるので、これまでの個人のキャリアを活かすチャンスが、ここ沖縄にもじゅうぶんあります。
その他、沖縄で慢性的に人材が不足している分野が、農業と漁業です。
これらの分野での求人は絶えず行なわれています。
例えば、農園で働く場合は、仕事内容はサトウキビ狩りなどハードかもしれませんが、3食付、住み込みのところも多く、給料も日給制で、働けば働くだけ稼ぐことができます。

沖縄の魅力に心を打たれて、実際に住んでみたいと思われる方は、仕事の体験などをさせてくれる会社もありますので、まずはそれらを活用して、本当にやっていけるかどうか、費用を計算されてみられてはいかがでしょうか。
Copyright (C)2017沖縄に暮らしてみよう!.All rights reserved.